フランキンセンスのアロマ精油(効果・効能)

フランキンセンス

美肌効果がある神秘的な香りの精油

フランキンセンスは「乳香」とも呼ばれています。世界でもっとも歴史ある薫香のひとつです。フランキンセンスの印象的な芳香は、不安にとりつかれた心を落ち着け、呼吸をやわらげ、心身を浄化しますもさまざまな効能をもつ精油ですが、シワやタルミを改善する、美肌効果が有名です。その昔、フランキンセンスは非常に貴重で高価なもので、聖書にはイエス・キリストの誕生の贈り物としてミルラと共に捧げられたとあります。祭壇で焚かれたり、瞑想の際に用いられたり、信仰の香りとしても親しまれてきました。

フランキンセンス写真1フランキンセンス写真2フランキンセンス精油写真

フランキンセンスのデータ

学 名
Boswellia carteri
英 名
Frankincense
科 名
カンラン科
抽出部分
樹脂
抽出方法
水蒸気蒸留法
主産地
エチオピア、イラン、レバノン
主成分
α-ピネン、β-ピネン、ミルセン、シメン
香りのタイプ
樹脂系
香りの特徴
ややレモンに似たスパイシーですっきりとした香り
ノート
ベース
使用上の注意
妊娠初期は使用を避ける。

スポンサードリンク

フランキンセンスの効果・効能

主な作用

強壮作用、駆風作用、細胞成長促進作用、収れん作用、消化促進作用、消毒作用、鎮静作用、癒傷作用、利尿作用

心への作用

感情を落ち着かせて、緊張や不安、強迫観念などをやわらげたり、心の傷を癒したりする効果があります。鎮静作用があり、気持ちを落ち着かせてゆっくり呼吸できるようにする効果があるので、パニックになったようなときにも平静を取り戻せます。

不安・マタニティーブルー・リフレッシュ

身体の作用

深くゆっくりと呼吸できるようにする作用があり、ぜん息の改善に優れた効果を発揮します。のどの粘膜を鎮静する作用があり、気管支炎にも有効です。抗カタル作用があり、鼻風邪の症状壌和にも役立ちます。体をリラックスさせるので、免疫力を高める効果も期待できます。

風邪、インフルエンザ・感染症時の室内清浄・喉、鼻など呼吸器の力・タル症状・消化不良・膀胱炎・乳腺炎・性感染症・子宮の強壮・大量月経

肌への働き

収れん作用や細胞成長促進作用により、肌を引き締め、しみやしわ、たるみを防ぐことができます。また、傷ついた皮膚の回復を早める効果も期待でき、あかざれなどの改善にも役立ちます。

肌細胞の再生を促す・老化防止・シワ・乾燥肌

おすすめの利用法

芳香浴、入浴、トリートメント、ヘアケア、スキンケア

相性のよい精油

この精油は粘度が高く、香りの保留剤としても役立ちます。ネロリやカモミール・ローマン、ローズとのブレンドは、不安やストレスをやわらげる作用が高まります。オリエンタルな香りとの相性もよく、ミルラやサンダルウッドと合わせると、呼吸を深くゆっくりと落ち着かせるのに相乗効果を発揮します。スパイス系の香りとも相性がよいです。

特に合う精油

ネロリ、サンダルウッド

ページの先頭へ