レモンのアロマ精油(効果・効能)

レモン

フレッシュな香りで気分をリフレッシュさせてくれる精油

誰からも愛されるレモンのフレッシュな香りには、気分をリフレッシュし、意識をはっきりさせて、理解力や集中力を高めてくれる働きがあります。古くから抗菌作用があることで知られており、古代エジプト人は肉や魚の腐敗の防止、食中毒の解毒剤として利用していました。レモンの精油は、果実そのままのみずみずしくフレッシュな香りが特徴で、心身ともにリフレッシュ効果の高い精油です。また、頭をすっきりと冴えさせる効果があるので、勉強や仕事の際のルームフレグランスにおすすめです。部屋の空気を浄化して風邪やインフルエンザを予防する効果も期待できます。デオドラント効果も高く、体臭の予防にも適しています。

レモン写真1レモン写真2レモン精油写真

レモンのデータ

学 名
Citrus limon
英 名
Lemon
科 名
ミカン科
抽出部分
果皮
抽出方法
圧搾法
主産地
アメリカ、スペイン、ブラジル、イタリア
主成分
リモネン、シトラール、ピネン、ミルセン
香りのタイプ
柑橘系
香りの特徴
爽やかでみずみずしい香り
ノート
トップ
使用上の注意
光毒性があるので、肌につけたら日光や紫外線を避ける。皮膚を刺激することがあるので、敏感肌には低濃度での使用を。

スポンサードリンク

レモンの効果・効能

主な作用

緩下作用、強壮作用、駆風作用、血圧降下作用、血糖値低下作用、健胃作用、殺菌作用、収れん作用、止痔作用、浄血作用、皮膚軟化作用、利尿作用

心への作用

冷静な判断力が必要とされるときに、優れた効果を発揮します。脳を刺激して、集中力や記憶力を高めます。寝起きですっきりしない頭を冴えさせたいときにもおすすめです。心身の疲れを感じているときのリフレッシュにも効果的です。

リフレッシュ・頭をすっきり明快にする

身体の作用

健胃作用や、消化促進作用があり、特に脂っこい食事をしたあとの胸やけ、消化不良や吐き気に優れた効果を発揮します。血行をよくして体を温め、毒素を排出する作用があり、冷え性やむくみ、肥満を予防・改善します。動脈硬化や高血圧糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。殺菌・消毒作用があり、風邪の予防にも役立ちます。

血液をきれいにする・血圧を下げる・呼吸器系の感染症全般・感染症時の室内清浄・頭痛、偏頭痛・便秘・仙痛、胃痛、潰瘍・吐き気を抑える・消化不良・食欲不振・尿の出をよくする

肌への働き

死んだ皮膚細胞を取り去り、肌を浄化する働きがあるので、荒れた肌や唇をきれいに治すのに有効です。殺菌・消毒作用もあり、にきびに悩む脂性肌や頭皮のケアにも。痛みやすい爪の保護や、イボ、ウオノメの除去にも効果を発揮します。

肌を引き締める・かゆみ・かゆみ・セルライト・ニキビ・体臭・脂性肌・脂性の髪

おすすめの利用法

芳香浴、入浴、トリートメント、ヘアケア、スキンケア

相性のよい精油

ハーブ系と相性がよく、ローズマリーやペパーミントは集中力を高めるのにあすすめです。風邪予防には、ティートリーやユーカリを。フローラル系ともよく合います。香りの似た柑橘系ともなじみやすいです。

特に合う精油

ラベンダー、ペパーミント、ジュニパーベリー、ティートリー

ページの先頭へ